蜘蛛ですが、なにか?のネタバレと感想【無料立ち読み】

蜘蛛ですが、なにか?

タイトル 蜘蛛ですが、なにか?
原作・作画 馬場翁・輝竜司
出版社 KADOKAWA / 富士見書房

あの日まで平凡な女子高生だった筈が、気づいたら……蜘蛛型のモンスターになっていた!?

異世界転生は数多くあれど、よりにもよって蜘蛛に生まれ変わってしまった、幸薄き女子高生のモンスターライフは、モンスターが跳梁跋扈する洞窟サバイバルの過酷な日々だった。

そんな最弱のモンスターに生まれ落ちてしまった、元・女子高生のモンスター・ライフワーク。

成り上がれ、進化せよ、生き残る為に!

蜘蛛だからこそ進化できる道もある!

サイト内で【蜘蛛ですが、なにか?】を検索!

蜘蛛ですが、なにか?のあらすじ紹介

それは平凡で、ありふれたいつもと同じ日常。

授業を受けていた、学業に勤しんでいた筈の自分のあたりまえの人生が、あっけなく、そしていきなり終わってしまうなんてと、彼女は思いもしなかった。

彼女……「私」は、いつものように授業を受け、ノートに必要なことはまとめ、それ以外は聞き流し、早く今日が終わってくれないかなと、退屈な時間を過ごしていた一人の女子高生だった。

でも突如として教室内で起きた爆発に巻き込まれてしまい、それが爆発であると認識する前に意識を消失し、気づいたら暗闇の中にいた。

身体が思うように動かせず、重大な大怪我を負ってしまったのかと思いきや、右往左往していると、何かにぶつかってしまう。

自分が閉じ込められていると、慌ててもがいてみると……自分を閉じ込めていた何かを破り、新鮮な空気が流れるままに、外へと抜け出てみると……そこは蜘蛛の大群の真っただ中だった!?

そして自分の姿が、周りの蜘蛛と同じ蜘蛛の姿をしていた事に気づいてしまう。

はたして彼女に何が起こったのか?

蜘蛛ですが、なにか?のネタバレ・今後の展開

蜘蛛に生まれ変わってしまっていた自分の姿に慌てふためく間もなくに、クラスで最底辺の女子高生だった「私」は、生まれてからいきなりの生存サバイバルに巻き込まれていきます。

生まれ落ちた兄弟(姉妹?)達が互いに貪り喰らうという、なんともサヴァイバな現状を前に、取り乱す間もなくに、喰われてなるものかと逃げだす彼女の前に、自分を産み落とした大蜘蛛らしきが現れます。

ですが、その大蜘蛛すらも自分の事なんて眼中にない様子で、まだ卵から孵ったばかりの子どもも食べてしまうと、あまりにもショッキングな場面。

普通なら気を失ってしまう所ですが、そこはクラス底辺の意地もあるのか、すぐ様に気持ちを切り替え、今取るべき行動を優先して、その場から逃げ延びる事を優先します。

我が子や同族すらも喰らう蜘蛛の巣から逃げ延び、一人洞窟の中を彷徨う事となった彼女は、とりあえず今は現状の把握をしようと、ポジティブに考えていきます。

もしかしたらこれは夢かもしれないと逃避も出来ますが、これは夢でもなければ妄想でもない、紛れもない現実と受け止め、蜘蛛である自分を受け入れる彼女。

人間の足跡を見つけ、自分の大きさなどを確認し、ここが異世界だと認識しますが、何の情報のないまま動く事も出来ずに手詰まりとなってしまいます。

こんな時に小説ならば、スキルとかあって、それで鑑定できるのにと思うと、頭の中に声が響きます。

「現在所持スキルポイントは100です。

スキル『鑑定LV1』をスキルポイント100使用して取得可能です。

取得しますか?」

異世界感が出てきたとテンションが上がりますが、手にしたスキルはLV1と、低いが故に役に立たないとお粗末な状況になってしまいます。

スキルを使用しても、石は石と洞窟を調べようとしても壁としか表示されないと、あまりにも使えなさすぎるスキル。

はたして彼女はモンスターの生存競争に生き残る事ができるのでしょうか?

サイト内で【蜘蛛ですが、なにか?】を検索!

蜘蛛ですが、なにか?の読んでみた感想・評価

異世界転生をテーマにしたライトノベル作品の中で、蜘蛛をテーマにした今作品「蜘蛛ですが、なにか?」は、蜘蛛に生まれ変わってしまった女子高生を題材にしたライトノベル作品です。

この作品の主人公である「私」こと蜘蛛に転生してしまった彼女は、あまりにも前向きなポジティブ思考の持ち主とも言える程に、蜘蛛に生まれ変わってしまった自分を受け入れて異世界へと生きていきます。

普通ならば蜘蛛になってしまったと、大慌てで慌てふためてしまいパニックに陥ってしまうような状況で、冷静に状況分析してしまうあまりにもなポジティブ思考は、彼女の最大の武器となっていきます。

そんな精神的な強さを武器に、自分の蜘蛛の能力を追求し、スキルなどの能力を駆使し、自分のレベルを上げていく彼女は、洞窟の内の過酷なサバイバルに挑む事となります。

でも……サバイバルの基本は食べる事と、モンスターを食べなければ生きていけない状況下は、流石に彼女でも堪えるモノがありました。

それもその筈。

本来ならば絶対に口にはしたくない様な、モンスターの肉や、蜘蛛の身体など、食べなければいけない現状。

それでも生き残る為にはと、なおもまた食事を行い成長していく繰り返し。

異世界転生でモンスターに生まれ落ちてしまったが故に、怪物の身体でも元は女の子であるが故に、色々と難儀な目にあいながらも、モンスターを倒し喰らい、少しずつではありますが逞しく一匹の蜘蛛として成長していく彼女。

そんなモンスターとなってしまった女子高生の前向きな物語の結末はと、気になる展開を楽しませてくれる、そんなライトノベル作品です。

異世界に転生した主人公を題材にした作品です。

「小説家になろう」で小説を楽しむ人におススメしたい作品でもあり、気軽に読める、また深くに読みこめる作品でもあるのが、この「蜘蛛ですが、なにか?」の最大の魅力とも言えます。

まず、この作品は異世界に転生した主人公を題材にした作品です。

最近では異世界転生ものや異世界転移や異世界召喚などのライトノベル作品が多く輩出されている昨今。

今回紹介するこの作品「蜘蛛ですが、なにか?」は、モンスターに生まれ変わってしまった女子高生を主人公に、物語が綴られていきます。

モンスターに生まれかわるライトノベル作品は、最近では当たり前になりつつあるジャンルでもありますが、この作品の主人公は、タイトル通りに「蜘蛛」に生まれ変わってしまったと、最悪な転生を迎えてしまいます。

さて、この作品の中で最も注目すべきなのは、そんな女子が嫌いなモノランキングで必ずは上位に食い込むであろう蜘蛛になってしまった彼女。

とにもかくにもポジティブに蜘蛛として生き抜いていこうとする、その前向きさに思わず惚れてしまいそうになってしまうぐらいに、この主人公は前向きに蜘蛛の生活を受け入れていきます。

そんな彼女のモンスターライフが、コミカルな文体で描かれ、硬く重い苦しくない気軽な文体で読者を楽しませてくれる内容は、読み手を楽しませてくれる内容にまとまり、楽しい一時を与えてくれます。

異世界モノのライトノベルを読んできた人や、新しい転生モノのライトノベルを堪能したい人におススメできる作品です。

蜘蛛ですが、なにか?
サイト内でを検索!
蜘蛛ですが、なにか?
※試し読みは完全無料です!!



蜘蛛ですが、なにか?