公爵令嬢は騎士団長(62)の幼妻のネタバレと感想【無料立ち読み】

公爵令嬢は騎士団長(62)の幼妻
タイトル 公爵令嬢は騎士団長(62)の幼妻
原作・作画 筧千里・ひだかなみ
出版社 KADOKAWA / 富士見書房

婚約者であったレイフォード・エル・フレアキスタ王子から、突然の婚約破棄を言い渡されてしまう公爵令嬢キャロル・アンブラウス。

国中の貴族が集まる社交界の場にていきなりの婚約破棄と、国を揺るがす一大事!

でも彼女には絶好の好機だった!?

自分の想い人であるヴィルヘルム・アイブリンガー騎士団長と、晴れて結ばれる事となるも、彼はすでに62歳……

孫ほどの幼妻を持ってしまう事となる、強面騎士団長と恋の行方は如何に?

サイト内で【公爵令嬢は騎士団長(62)の幼妻】を検索!

公爵令嬢は騎士団長(62)の幼妻のあらすじ紹介

物語は、フレアキスタ王国の夜会にて突然と告げられた婚約破棄から始まります。

国の後継ぎでもある、また婚約者でもあったレイフォード・エル・フレアキスタ王子から、突然に、聞いた事もない女性に対する身に覚えのない言いがかりを理由に、一方的に婚約破棄を言い渡されてしまう公爵令嬢キャロル・アンブラウス。

しかも貴族社会の衆目観衆の中で、突然と言い渡されてしまう婚約破棄と、普通の令嬢ならば気を失ってしまう場面にも関わらず、キャロルは平然としながら、その事を受け止めてしまう程に、メンタルの強い女性でした。

それもその筈。

彼女は今日までこの国の王妃として恥じる事の無い様に、英才教育を受けてきました。

幼少の頃から礼節に作法からダンスにと、様々な王妃の為の英才教育を受けてきた彼女が、こんな事で動揺する事も無く、むしろこれは絶好の好機と内心喜んでいました。

キャロルは自分の身を案じる父親に、新しい婚約を懇願します。

その相手とは、ヴィルヘルム・アイブリンガー騎士団長でした。

でも彼は既に62歳。

しかもキャロルの父親よりも歳を取り、孫ほどの年齢差のあるお方でした。

はたして彼女の真意とは如何に?

公爵令嬢は騎士団長(62)の幼妻のネタバレ・今後の展開

強面の歴戦の勇士であるヴィルヘルム・アイブリンガー騎士団長62歳に、熱い思いを抱いていた公爵令嬢キャロル・アンブラウス16歳は、王子の婚約破棄を機会に、彼の妻になる事を選びます。

さて62歳と16歳と、実に46歳もかけ離れた年の差結婚をする彼女。

でも幼い頃に危機を救ってもらい、その日からずっと思いを抱いていたキャロルにとっては、まさに夢が叶った瞬間でもありました。

一度はお家の為にあきらめるしかないと抑えていた気持ち解放し、ヴィルヘルムに猛烈なアプローチを掛けていきます。

七歳の頃から、既に彼の事が好きだったと、ヴェルヘルムへの想いは、その頃からに強く、彼との結婚を夢見て生きていましたが、キャロルが9歳の頃に、王子との婚約が王家と公爵家の間で決まってしまい、ヴェルヘルムの妻になる夢を、諦めざるしかありませんでした。

そんな一度はあきらめた想いを、素直に爆発させてしまった彼女のいきなりのアプローチに、歴戦の英雄でもある騎士団長も流石に動じてしまい、彼女の想いを説得します。

流石に親戚付き合いのあるキャロルの祖父と親交のあったが故に、またこれからたくさんの可能性を持っている彼女を自分の妻にする事をためらってしまいますが、彼女の熱い思いを止めることは出来ません。

そんな婚約に喜ぶ父親。

国でも多くの兵士達に慕われている騎士団長を自分の派閥に取り込めることができたならと、野望を張り巡らせて行きます。

はたして46歳差のカップルの今後はどうなってしまうのでしょうか?

サイト内で【公爵令嬢は騎士団長(62)の幼妻】を検索!

公爵令嬢は騎士団長(62)の幼妻の読んでみた感想・評価

今回ご紹介するライトノベル作品は、年の差カップルのファンタジー作品である「公爵令嬢は騎士団長(62)の幼妻」は、筧千里さんのデビュー作品でもあるライトノベル作品です。

幼い頃に自分を助けてくれた王子様ならずに叔父様に恋をしてしまった16歳の公爵令嬢のキャロルと、歴戦の勇士であり、国の英雄でもある62歳の騎士団長のヴィルヘルムの妻となると、年の差が実に46歳差と、少女と叔父様の恋愛模様が楽しめる内容の今作。

国の為にと、騎士として生きてきた彼が、幼すぎる美少女を妻にしてしまう事となると、今まで恋愛をした事がなかった、武骨な騎士団長が、美少女の猛烈なアピールにタジタジする様が面白く、純愛すぎる彼女の一途すぎる想いなどが楽しめる展開となっています。

好きな人の為に一生懸命に、ヴィルヘルムの妻になる為に必死になるキャロルや、またそんな彼女の事が次第に好きになっていくと、老いらくの恋と、かつての親友の孫だからと、理性と友情で狭間で思い悩むヴィルヘルムの心中など。

そんな二人の純粋すぎる恋の物語が面白く、そしてこの恋の結末はと、読んでしまうと目の離せない内容となっています。

普通の恋愛の話に飽きた方は必見!!

歳の差の恋物語が好きな人や、ヒロイックファンタジーのラブロマンスの新しい形を見てみたい人におススメしたい作品が、今作の「公爵令嬢は騎士団長(62)の幼妻」です。

投稿小説サイトでお馴染みの「小説家になろう」で連載し、異世界転生や異世界転移などではなく、正統派のファンタジーラブロマンスとして描かれ、自分の祖父と同じくらいの年齢差のヒロインが、年上すぎる叔父様に熱い恋模様を見せてくれます。

幼い頃に助けてもらった叔父様の妻になりたいと、一途な想いを6歳の頃からずっと持ち続けていたと、恋の熱が冷めない美少女令嬢のキャロル。

そんな彼女に熱烈に愛されてしまい、その気持ちに後ろめたいと思いながらも、次第に好きになってしまうと、老齢の恋に思い悩む騎士団長のヴィルヘルム想いなど、純粋な恋愛モノとして読める内容は、そんな二人の恋の展開が気になる内容となっています。

キャロルの一途すぎる想いが、国だけに忠誠を誓っていた筈の男の寂しい人生を彩ってくれると、老いらくの恋を輝かしてくれる、そんなヒロインのキャロルの魅力と、彼女の為に変わろうとするヴィルヘルムの想いなど、純粋な愛を楽しめる作品。

純愛のヒロイックファンタジーを読んでみたい人におススメしたい作品です。

公爵令嬢は騎士団長(62)の幼妻
サイト内でを検索!
公爵令嬢は騎士団長(62)の幼妻
※試し読みは完全無料です!!
公爵令嬢は騎士団長(62)の幼妻