機動警察パトレイバー 風速40メートルのネタバレと感想【無料立ち読み】

機動警察パトレイバー 風速40メートル

タイトル 機動警察パトレイバー 風速40メートル
原作・作画 伊藤和典・高田明美
出版社 KADOKAWA / 富士見書房

多足歩行型作業機械──レイバーの登場により、劇的に変化した日本の社会環境下において、多発化し、多様化するレイバー犯罪。

それらに立ち向かう為、警察は特科車両二課中隊こと特車二課を設立する。

98式AV「イングラム」パトレイバーに乗り、犯罪者に挑む、近未来ロボットアクションの決定作「機動警察パトレイバー」について!

サイト内で【機動警察パトレイバー 風速40メートル】を検索!

機動警察パトレイバー 風速40メートルのあらすじ紹介

1995年に発生した東京南沖大地震によって壊滅した首都復興事業と、後の地球温暖化を見据えた海面上昇を考慮し、東京湾の大幅な改修を目的とした国家事業「バビロンプロジェクト」により、かつてない繁栄を見せる東京。

でもその裏側には、新たなる犯罪が発生するようになっていました。

急速なテクノロジーの発展により、かつて夢物語だった人が搭乗し、操縦するロボットこと汎用多足歩行型作業機械・レイバーによる重大事件に加え、東京湾の埋め立てを反対するエコ・テロリストなどの暗躍など、レイバーに関する犯罪が多発化していたのです。

その事件に対抗するために、警視庁は、対レイバー犯罪専門の部署を設立します。

それが特科車両二課中隊こと通称・特車二課。

パトロールレイバーことパトレイバーの登場でしたが、特車二課には問題児が揃っていました。

今日も今日とて問題を起こす特車二課。

イングラム一号機こと「アルフォンス」を操縦する泉野明と、彼女をサポートする篠原遊馬の迷コンビが、今日も悪に挑みます。

機動警察パトレイバー 風速40メートルのネタバレ・今後の展開

レイバー犯罪に対抗するために設立された特車二課は、海外の取材を受けていました。

でもその取材を面白く思わないと、特車二課第一小隊の隊長である南雲しのぶは、特車二課第二小隊の隊長・後藤喜一に詰め寄っていました。

何故に問題児の第二小隊が取材対象になるのか?

それは最新機種である98式イングラムを持っているからだと、後藤は気まずく応えます。

そんなくだらない理由でと、憤慨する南雲を尻目に、海外の取材が進んでいく中で、突如として重大事件が発生してしまいます。

街中で現れた、マシンガンを装備した軍用レイバーが暴走していると、出動を余儀なくされる特車二課第二小隊。

苦労の末に事件を見事に解決し、第二小隊の暴走男こと太田功の抑え役だった、香貫花・クランシーの帰国により、特車二課に新たな事件が発生します。

それは謎のレイバー暴走事故でした。

何の異常の無いレイバーが突如として暴走し、操縦不能となってしまう奇怪な事件。

それは自衛隊のレイバー暴走から始まり、やがてバビロンプロジェクトに関わる、一人のプログラマーによる犯罪の連鎖へと繋がる序章だったのです。

はたして特車二課第二小隊は、これらの陰謀を食い止める事ができるのでしょうか?

サイト内で【機動警察パトレイバー 風速40メートル】を検索!

機動警察パトレイバー 風速40メートルの読んでみた感想・評価

機動警察パトレイバーのノベライズ作品である今作は、富士見文庫でかつて連載されていたライトノベル作品です。

機動警察パトレイバーを知っている人は、大抵がアニメか漫画で見たことがある人が多いと思います。

その中で、アニメの脚本を手掛けていた伊藤和典氏による今作は、アニメや漫画などでは楽しめない、文章で楽しむ事の出来る、パトレイバーのライトノベル作品とも言えます。

また今作は、あの映画版の機動警察パトレイバーの「機動警察パトレイバー the Movie」のノベライズ作品でもあります。

事件の前日談ともなる「アクセス」や、劇場版本編となる「風速40メートル」など、見どころが盛沢山な内容に加え、あのパトレイバーの世界を忠実に文章で描いている事に、この作品の面白さが凝縮されています。

ロボット作品のノベライズは難しいとされていた当時において、設定や特殊用語が多い作品を、こと細かに文章で描き、パトレイバーの世界観を織り込みながら、映画の内容をノベライズとして表現した今作は、映画を見た後に是非に読んでほしい作品です。

押井守作品が好きな人にはおすすめ

押井守作品が好きな人や、機動警察パトレイバーが好きな人に是非に読んでほしいのが、今回紹介する「機動警察パトレイバー 風速40メートル」です。

この作品は、あの機動警察パトレイバーの記念すべき第一会映画作品のノベライズ作品でもあります。

設定が細かな、あのパトレイバーの世界観を文章で表現された内容に加え、映画版のあの独特な映像表現などが見事に文章に表現され、緊張感のある展開や、おちゃらけなギャグの展開など、アニメや漫画で見たパトレイバーがそのまま楽しめる内容となっています。

映画を見た後に読めば、あのシーンは、こういう感じで文章で表現されているんだと、脚本家の伊藤和典氏の独特な表現が見どころとなり、またレイバーだけではなく、登場人物達の個性などが描かれている等、ドラマ性の楽しさなどが充実しています。

パトレイバーを当時に楽しんだ人や、これから楽しむ人に是非に読んでほしい、パトレイバーのノベライズ作品。

ロボット物を文章で読む楽しさや、パトレイバー独特なノリを楽しみたい人に、おススメしたい作品です。

機動警察パトレイバー 風速40メートル
サイト内でを検索!
機動警察パトレイバー 風速40メートル
※試し読みは完全無料です!!



機動警察パトレイバー 風速40メートル